四つ角スローカフェ

open

News

7月8(土)、9(日)ノマノ陶器まつり開催いたします

四つ角スローカフェで開催します。

コーヒーを飲みながら、陶器はいかがですか?
お気に入りの器がありましたら、ぜひご購入ください。
もちろん陶器を見に来るだけでも大丈夫ですよ。
四つ角スローカフェへぜひお越しください☕

 

陶器を中心とした出品内容

 

似てるけど違う 小鹿田焼&小石原焼を見比べてみて

小鹿田焼と小石原焼、ルーツが同じで見た目もよく似ていますが、よーーーく見てみると全然違うんです。
直に見てみれば、あなたにもこの違いがきっとわかるはず。ぜひ当日は実物を見比べてみてくださいね。

 

 

小鹿田焼

江戸時代から大分県日田市皿山で続く伝統的な焼き物で、平成7年には国の重要無形文化財保持団体に、平成20年には、国の重要文化的景観にも指定されました。
元々は小石原焼から派生した焼き物ですが、より伝統的な技法と焼き方を一子相伝で現代まで守り伝えてきました。
現代で残存している窯元は多くはないものの、素朴な風合いとどんな料理や空間にも馴染む作風が人々から長らく愛されています。

 

 

 

 

小石原焼

福岡県朝倉郡東峰村で作られている焼き物です。
陶磁器として、日本で最初の「伝統的工芸品」に指定されました。
約350年の歴史がありますが、現在では約40もの窯元が伝統を重んじながらも、新しいデザインに挑戦し続けています。
長い歴史の中で進化してきた小石原焼は、現代のライフスタイルにも美しく馴染みます。

 

 

 

 

陶芸工房プラス 林 千貴

アメリカで陶芸を学び、その技術を日本陶芸に昇華し活躍している現代陶芸家です。
林千貴の陶芸作品は、一つ一つが独自のストーリーを持ち、心を豊かにする存在です。
彼の情熱と芸術性が融合した作品を通じて、新たな感動と美の世界を体験してみてください。

 

近年の作品の傾向

近年ではイギリスのルーシーリーが開発した「ブロンズ釉」を基軸とした作品を多く制作しています。ブロンズ釉をあえて筆で施釉する事で、釉のムラから生じる金色の風合いをコントロールし味を出しているのが特徴です。

 

 

 

 

武雄焼 綿島康浩陶工房

佐賀県武雄地区で作陶される武雄焼。
綿島康浩陶工房の作品は主に三島手という技法で作られています。
菊の花柄のスタンプを用い凹みをつけ、さまざまなデザインを施された食器たち。
釉薬と焼成で変化する発色を職人の技術と経験で調整します。
かわいらしい花柄が、毎日の食卓にぬくもりを与えてくれます。

 

 

 

その他にも出展があるかも

・環境にやさしくて美しいアクセサリーや小物
・掘り出しもの各種
を予定しております。

 

特典あります

★陶器などのノマノ陶器まつり商品購入でドリンク1杯無料
★店内ドリンクいつもよりお安くご提供いたします、コーヒーは半額

 

イベント当日のカフェメニューについて

・コーヒー系各種、ジュース
・ケーキ(チーズ、ガトー)
・マフィン
・焼き菓子各種

四つ角スローカフェ自慢のお菓子を沢山ご用意してお待ちしております。
この機会にぜひご賞味ください。

※当イベントで初お披露目となる新メニューもあるかも…?
※イベント当日はランチメニューと調理系のフードはありません、スミマセン💦

 

皆様のご来店お待ちしています。